レスター退団の岡崎めぐりJ争奪戦 新天地は古巣かFC東京か

公開日: 更新日:

 英プレミアリーグ1部レスター所属のFW岡崎慎司(33)の欧州チャレンジが終わった。

 すでに今季限りの退団が正式発表済み。12日の今季最終戦となった地元でのチェルシー戦に3試合ぶりにベンチ入りした岡崎は後半21分、地元サポーターの大声援を受けながら交代出場。持ち味のアグレッシブなプレースタイルは健在だった。

 しかしながら低調なプレー内容に終始し、シュートチャンスもつくれずに試合終了のホイッスルを聞いた。

 試合終了後、感慨深げにチームメートと握手を交わす岡崎。その姿を見て1986年メキシコW杯得点王の元イングランド代表FWのリネカーが「アリガトウ、オカザキさん」とツイートした。

 実は英サッカー界のレジェンドはレスターが生まれ故郷。中堅クラブが15~16年シーズンの英プレミアを制し、“ミラクル”と呼ばれた優勝チームの主力だった岡崎に敬意を表して、タイトルを獲得した際には「不可欠な存在だった」と賛辞を送ったというワケだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  8. 8

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

  9. 9

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  10. 10

    菅田将暉に月9主演が浮上 大河と映画3本で体調は大丈夫?

もっと見る