大船渡・佐々木 1球も投げず初戦敗退で浮上する“故障疑惑”

公開日: 更新日:

「行く準備はできていましたが……」

 大船渡の佐々木朗希(3年)は悔しさを噛み殺してこう言った。

 18日に行われた春季大会の釜石戦。佐々木は4番・右翼でスタメン出場したものの、一球も投げることなく、チームはサヨナラ負けで初戦敗退。東北大会出場はもちろん、8強進出で得られる夏の大会のシード権も逃した。

 試合は、先発した和田(3年)が延長十回に力尽き、無死満塁からサヨナラ打を浴びた。国保監督は佐々木をマウンドに送るどころか、投球練習すらさせなかった。試合前のキャッチボールで外野手用のグラブを使っていたため、報道陣の間では、今日は投げないだろうと、もっぱらだった。

 同監督は勝機があったにもかかわらず佐々木を投入しなかった理由について、「登板させることも考えていたが、和田が一生懸命投げていた。勝ちを付けさせたいと思い、引っ張った」と説明。佐々木の故障に関しては「それはありません。(外野の)シートノックでも投げている」と、キッパリと否定した一方で、「ちょっと遅れてきている」と調整遅れを認めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  4. 4

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  5. 5

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  6. 6

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  7. 7

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  8. 8

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  9. 9

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  10. 10

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る