大船渡・佐々木 1球も投げず初戦敗退で浮上する“故障疑惑”

公開日: 更新日:

「行く準備はできていましたが……」

 大船渡の佐々木朗希(3年)は悔しさを噛み殺してこう言った。

 18日に行われた春季大会の釜石戦。佐々木は4番・右翼でスタメン出場したものの、一球も投げることなく、チームはサヨナラ負けで初戦敗退。東北大会出場はもちろん、8強進出で得られる夏の大会のシード権も逃した。

 試合は、先発した和田(3年)が延長十回に力尽き、無死満塁からサヨナラ打を浴びた。国保監督は佐々木をマウンドに送るどころか、投球練習すらさせなかった。試合前のキャッチボールで外野手用のグラブを使っていたため、報道陣の間では、今日は投げないだろうと、もっぱらだった。

 同監督は勝機があったにもかかわらず佐々木を投入しなかった理由について、「登板させることも考えていたが、和田が一生懸命投げていた。勝ちを付けさせたいと思い、引っ張った」と説明。佐々木の故障に関しては「それはありません。(外野の)シートノックでも投げている」と、キッパリと否定した一方で、「ちょっと遅れてきている」と調整遅れを認めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  3. 3

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  4. 4

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  5. 5

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  6. 6

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  7. 7

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  8. 8

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  9. 9

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る