取材規制に箝口令…佐々木朗希フィーバーを大船渡高に直撃

公開日: 更新日:

「高校生の取材体制としては異例。大谷翔平のときも、吉田輝星のときも、こんなのはなかった」

 報道陣からはこんなボヤキが聞こえてくる。

 18日、春季岩手県大会初戦を迎える大船渡の佐々木朗希(3年)。163キロ右腕を巡るフィーバーは過熱の一途だ。去る3日の住田戦では県高野連が報道各社に異例の取材自粛を要請したが、31社68人が殺到し、3000人近い一般客が詰めかけてパトカーまで出動した。報道陣のひとりが困り顔でこう言う。

「この日、佐々木の取材時間はわずか10分。進路のことはもちろん、尊敬する選手は? という質問にもストップがかかる。名前の挙がる人に迷惑がかかる、というのが理由です。普段から学校の練習取材は禁止ですし、これではまともに記事が書けない」

 大船渡はなぜここまでの取材規制を敷くのか。学校を直撃すると、驚くべきフィーバーの舞台裏が明らかになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  2. 2

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  3. 3

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  4. 4

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  5. 5

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  6. 6

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

  7. 7

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  8. 8

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  9. 9

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  10. 10

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<2>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る