マー君が4敗目…332億円長距離砲に打たれ六回9安打5失点

公開日: 更新日:

 ヤンキース・田中将大(30)が、4勝目(3敗)をかけて28日(日本時間29日)のパドレス戦(ニューヨーク)に登板。ナ・リーグ西地区のパドレスとは、メジャー6年目にして初対決である。

 パドレス打線を牽引するのは通算184本塁打のマニー・マチャード内野手(26)。今季もすでに9本塁打を放ち、オールスターに4度出場しているメジャーを代表する長距離砲の一人だ。今年2月には、パドレスとFA史上最高額となる10年総額332億円の契約を交わして全米の注目を浴びた。

 昨季までヤンキースと同じア・リーグ東地区のオリオールズでプレーしていただけに、浅からぬ因縁がある。

 ラフプレーが多いことで知られるマチャードは危険なスライディングをしたり、厳しい内角攻めを巡ってヤンキースバッテリーと揉めることもしばしばあった。昨オフのFA交渉で、一時は合意寸前までいきながら、好条件をソデにした。ヤンキースファンの怒りを買い、27日の3連戦初戦では、打席に立つたびにスタンドから罵声を浴びせられた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  8. 8

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  9. 9

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  10. 10

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

もっと見る