窃盗事件に下級生への恐喝 不祥事続く日本文理野球部の闇

公開日: 更新日:

「なぜですか?」

 ある部員がこう漏らしたという。

 日刊ゲンダイ2月20日付で報じた新潟県の日本文理高等学校野球部員の金銭紛失事件。学校側が、事実解明を阻止するがごとく、「被害届を出すと出場停止になるかもしれないが、どうしますか?」と、半ば父兄を脅すかのような発言をするなど、いくつかの隠蔽工作の事実は学校内外に大きな衝撃を与えた。

 同校野球部は夏の甲子園大会出場9回、2009年には準優勝し、5月の北信越新潟県大会では春秋の大会で6季連続26回目の優勝を飾った名門校だが、昨年11月には野球部寮内での飲酒、喫煙が発覚。野球部寮における部員の金銭紛失は17年秋から昨年12月まで頻繁に起きていた。さらにそれを隠す学校……不祥事が続く同校野球部で「新たな動きがあったのです」と、ある関係者がこう語る。

「17年から続いていた部内における窃盗事件について2月にゲンダイの記事が出た。学校は慌てて部員たちに、前年6月には把握していた複数部員の金銭紛失の届けを提出させた。あれには呆れました。その流れで新潟西警察署が動きだし、下級生部員を恐喝した疑いで現3年生が事情聴取され、事実を認めました。問題はその後です。恐喝部員は学校から何の処分もされず、野球部の練習に参加。春季大会にはベンチにも入っている。事件を知る部員たちから『なぜだ?』という声が漏れてくるのは当然ですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

  2. 2
    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  5. 5
    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  1. 6
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 8
    つばさの党代表が公選法違反で逮捕 温和だった黒川敦彦容疑者はなぜ“キャラ変”したのか

    つばさの党代表が公選法違反で逮捕 温和だった黒川敦彦容疑者はなぜ“キャラ変”したのか

  4. 9
    頑なに「高卒で米挑戦」…まともに会話すらなかった大谷が翻意、日本ハムに入団決めた舞台裏

    頑なに「高卒で米挑戦」…まともに会話すらなかった大谷が翻意、日本ハムに入団決めた舞台裏

  5. 10
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル