法大野球部監督に暴力指導発覚 バットで殴打し腹パンチも

公開日: 更新日:

 法政大学野球部の青木久典監督(45)にパワハラ問題が浮上した。部員に対する日常的な暴力指導を訴える“告発文”が、法大と日本学生野球協会に届いていることが日刊ゲンダイの取材で明らかになったのだ。

 法大は昨年、秋季リーグで12季ぶりとなる優勝を果たし、早大と並んで最多タイ45度目となる頂点に立った。これまでプロ野球選手を多数輩出してきた、言わずと知れた六大学野球の名門校だ。

 青木監督は2014年1月に助監督、翌15年1月から監督に就任した法大OB。同期には侍ジャパン稲葉篤紀監督がおり、4年時には副将を務めた。

 複数の関係者の証言によれば、青木監督が選手に手を上げるようになったのは、監督就任初年度の15年から。ある野球部OBが言う。

「あれは、春季リーグ戦前の午前練習後でした。真面目な性格でリーダーシップがあり、チームメートから人望の厚いAという選手がいたのですが、そのAが激高した監督からノックバットで太ももや尻を叩かれた。さらに胸ぐらをつかまれたAは足蹴にされ、素手で体を殴られました。理由は『返事の仕方が“ハーイ”と間延びしていたから』。あまりの衝撃に周囲は騒然としました。自分も含めて当時の複数の部員が目撃しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  6. 6

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  7. 7

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る