TJ手術600回超の医師が語る 野球障害の実態と育成面の課題

公開日: 更新日:

 前日、大船渡高・佐々木朗希がマークした163キロに警鐘を鳴らした慶友整形外科病院の古島弘三医師(48)は、これまで600件以上の「トミー・ジョン手術」に携わり、全国の少年選手の野球障害と向き合ってきた。医療現場から見た野球障害の実態、少年期の育成のあるべき姿について、話を聞いた。

■胸郭出口症候群

 ――小学、中学時代に肩肘に障害を抱える子供が多いそうですね。

「当院には酷使されて壊れてしまった子がたくさん来ます。肘の靱帯や肩の腱の障害に限らず、肩が痛いという子供の中には、胸郭出口症候群による神経障害を抱えているケースもある。首の根元部分に血管や神経が出てくるトンネルがあるのですが、投球動作を繰り返すことで胸郭出口の神経が圧迫され、肩や肘の痛み、腕のしびれやむくみが出ることがある。これは難しい病態であり、メディアに話していませんでしたが、実はこの手術を何度も行っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  5. 5

    持続化給付金の不正受給 早急に返金と自首をするべき

  6. 6

    白石麻衣10.28乃木坂卒業で注目 ソロ活動と恋愛解禁Xデー

  7. 7

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  8. 8

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  9. 9

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  10. 10

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

もっと見る