ソフトBがメジャー1巡目指名19歳獲り 米有望株なぜ日本へ

公開日: 更新日:

 日本のドラフト1位クラスの高校生が直接、海を渡ってメジャー挑戦したケースはいまだかつてない。163キロを投げてメジャーがゾッコンの佐々木朗希(大船渡)にしても、本人はプロ野球を希望している。メジャーが日本のトップクラスの高校生を取ろうとしても実現しないのに、日本のプロ球団がメジャーで1巡目指名された19歳を獲得するというからオドロキ以外の何物でもない。

 ソフトバンクが、昨年のメジャーのドラフトでブレーブスに1巡目(全体8位)指名されたカーター・スチュワート(東フロリダ州立短大)との契約に合意したと21日、大リーグ公式サイトが報じた。

 スチュワートは160キロ近い速球と、縦に大きく割れるカーブが武器の右腕。ブレーブスとの契約交渉では、約5億円前後と予想されていた契約金を、手首の故障が判明したという理由で2億円強に抑えられたため、7月上旬の期限までに合意に至らなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  3. 3

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  4. 4

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  5. 5

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  6. 6

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  7. 7

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  8. 8

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  9. 9

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  10. 10

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

もっと見る