大船渡・佐々木に“163kmのリスク” TJ手術の権威が警鐘

公開日: 更新日:

古島弘三 慶友整形外科病院整形外科部長 慶友スポーツ医学センター長

 最速163キロを誇る大船渡の佐々木朗希(3年)。今春の岩手県大会では登板することなく初戦敗退。去る25、26日の練習試合では連投し、26日は5回1失点ながら最速は146キロにとどまった。佐々木は4月の骨密度などの検査で、骨や靱帯などがまだ大人の体になっていないことが判明。投球数や強度を制限して試合に臨んでいるが、163キロを投げる際の肩肘へのリスクはどれほどのものなのか。故障しないためにはどうするべきなのか。トミー・ジョン手術の権威であり、スポーツ障害に精通する慶友整形外科病院の古島弘三医師に話を聞いた。

  ◇  ◇  ◇

■成長期で未熟

 ――163キロを投げるリスクを教えてください。

「米国の論文では『135キロ以上の球を投げると、故障リスクが2.5倍上がる』と発表されています。トミー・ジョン手術を受けるなど、肘をケガした人の傾向で見ると、135キロ未満の人より故障率が高いことがわかっている。球速が速いとそれだけ内側(側副靱帯)に負担がかかるのです。平均球速、変化球、投球数にも影響されますが、プロの選手が160キロを投げるのと、高校生が160キロを投げるのとでは大きく違います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  3. 3

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  4. 4

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  5. 5

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  6. 6

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  7. 7

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  8. 8

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  9. 9

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  10. 10

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る