大船渡・佐々木に“163kmのリスク” TJ手術の権威が警鐘

公開日: 更新日:

古島弘三 慶友整形外科病院整形外科部長 慶友スポーツ医学センター長

 最速163キロを誇る大船渡の佐々木朗希(3年)。今春の岩手県大会では登板することなく初戦敗退。去る25、26日の練習試合では連投し、26日は5回1失点ながら最速は146キロにとどまった。佐々木は4月の骨密度などの検査で、骨や靱帯などがまだ大人の体になっていないことが判明。投球数や強度を制限して試合に臨んでいるが、163キロを投げる際の肩肘へのリスクはどれほどのものなのか。故障しないためにはどうするべきなのか。トミー・ジョン手術の権威であり、スポーツ障害に精通する慶友整形外科病院の古島弘三医師に話を聞いた。

  ◇  ◇  ◇

■成長期で未熟

 ――163キロを投げるリスクを教えてください。

「米国の論文では『135キロ以上の球を投げると、故障リスクが2.5倍上がる』と発表されています。トミー・ジョン手術を受けるなど、肘をケガした人の傾向で見ると、135キロ未満の人より故障率が高いことがわかっている。球速が速いとそれだけ内側(側副靱帯)に負担がかかるのです。平均球速、変化球、投球数にも影響されますが、プロの選手が160キロを投げるのと、高校生が160キロを投げるのとでは大きく違います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  4. 4

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  8. 8

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  9. 9

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  10. 10

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

もっと見る