春季関東大会に山村学園“旋風” 強豪を次々撃破の強さとは

公開日: 更新日:

 埼玉で行われている高校野球春季関東大会で、初出場の山村学園(埼玉3位)が旋風を起こしている。

 1回戦で古豪の水戸商(茨城2位)を下すと、2回戦でセンバツ準優勝の習志野(千葉1位)をコールドで撃破。さらに同じくセンバツに出場した国士舘(東京2位)も破り準決勝に進出。22日に行われたその準決勝では東海大相模(神奈川1位)と対戦し1対4と敗れはしたものの、周囲を驚かせた。

 川越市にある元女子校。2008年に共学になると同時に野球部も創部した。15年の秋季県大会でベスト8に入ると、県内では17年夏から3季連続4強。近年はコンスタントに上位に顔を出している。

 岡野監督の特徴ある指導法が実を結びつつある。対外試合禁止期間の冬に「ウインターリーグ」と呼ばれる紅白戦を行っている。


「グラウンドで紅白戦をするチーム、トレーニングをするチームなどに分け、効率よく鍛える工夫をしている。オフの間に野手は100打席、投手は100イニングがノルマで、他校が試合をしていない間の実戦感覚を大事にする。オフ以外の平日も実戦形式の練習が多い」(スポーツ紙アマチュア担当記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  3. 3

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  4. 4

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  5. 5

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  6. 6

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  7. 7

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  8. 8

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  9. 9

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  10. 10

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

もっと見る