カール・ルイスも絶賛 サニブラウン“四刀流”の可能性は

公開日: 更新日:

 陸上界のレジェンドが和製スプリンターの才能を絶賛した。

 先の全米大学陸上選手権(テキサス州オースティン)の男子100メートル決勝で、日本記録となる9秒97をマークしたサニブラウン・ハキーム(20=フロリダ大)。200メートルでも20秒08の好タイムを出した走りは、1984年ロサンゼルス五輪で4冠(100、200メートル、400メートルリレー、走り幅跳び)を達成したカール・ルイスを認めさせた。

 現在は母校ヒューストン大のアシスタントコーチを務めるルイスは、「彼は素晴らしいアスリート。(全米選手権は)世界大会と同じぐらいの大会。ここでうまくやれたら、他でもやれる」と、将来性を高く評価した。

 ルイスといえば、五輪には4大会連続出場を果たし、金銀合わせて10個のメダルを獲得。短距離に加えて跳躍種目をこなし、当時の陸上界を代表するスーパースターだった。ルイス以降、国際大会で4冠を達成した選手は皆無。サニブラウンら、現在のトップスプリンターによる四刀流は可能なのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    “バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  6. 6

    大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

  7. 7

    向こう見ずな首相のイラン訪問 取り返しのつかない大失敗

  8. 8

    【宝塚記念】有力馬の「グランプリ」回避続出には理由がある

  9. 9

    レアル入りタイミング最悪…久保建英が南米DF陣に狙われる

  10. 10

    「チルドレン」存在と不祥事のデパート化の因縁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る