川内勇輝プロ転向で契約ラッシュ 気になる今後の稼ぎは?

公開日: 更新日:

 新たな船出は順調だ。男子マラソン川内優輝(32)が2日、大手総合スポーツ用品メーカーのアシックス社とアドバイザリースタッフ契約を結び、都内で会見を開いた。「元号が変わる年に競技スタイルを変える。今までできなかったことが実現できる。自分自身の可能性が楽しみです」

 3月末に埼玉県庁を退職した川内は1日にも、あいおいニッセイ同和損害保険との所属契約を発表。この先も次々に「商談」がまとまり、まさに「走る広告塔」となるはずだ。

 そんなプロランナーの今後を若い選手たちは大いに注目している。これまで高校生や大学生が陸上を続ける場合、実業団に進むルートしかなかった。近年はマラソン日本記録(2時間5分50秒)保持者の大迫傑(27)や青学OBの神野大地(25)のように、プロとして活動する選手も出てきたが、公務員からプロに転向した川内の稼ぎによっては、陸上選手の「プロ化」に拍車がかかるに違いない。ある陸上関係者は、「川内は特別な選手です」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

もっと見る