10秒01で桐生2位も…小さくて大きい王者ガトリンとの10cm

公開日: 更新日:

 進歩には違いない。

 19日、セイコー陸上の男子100メートルで桐生祥秀(23)が10秒01で2位に。勝ったリオ五輪100メートル銀メダリストのガトリン(37=米国)とは100分の1秒、距離にして10センチ差だった。

「競り合っても自分の走りができた」とはレース後の本人。冬場に豊富な練習を積んだことで、競り合いの中でも自信をもってレースに臨めるようになったという。

 先日、サニブラウンが自身に続く日本人2人目の9秒台を出したことも刺激になっているのだろう。この日は中盤からの加速を武器に、世界王者とほぼ互角の勝負を展開した。それでも本人は、五輪メダリストとの100分の1秒差を「0・01ですけど死闘を制してきた選手と、世界の決勝に立てていない選手との差」と認識している。

 ガトリンが「前半はスタートのいい多田、後半はフィニッシュのいい桐生に負けないように走った。シーズン序盤にしては良いレースだった」と振り返ったように、王者はまだ調整途上なのだ。

 なお、男子400メートルリレーは38秒00の今季世界最高タイムで優勝。1週間前の世界リレー選手権のバトンミスで失格したときと同じメンバーで臨み雪辱した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  2. 2

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  3. 3

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  4. 4

    明日海りお「おちょやん」で再出演はナシ…宝塚ファン悲鳴

  5. 5

    五輪開会式までに「国内コロナ死者累計2万人」の驚愕試算

  6. 6

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  7. 7

    インド変異株拡大へ秒読み…連絡つかない入国者は1日300人

  8. 8

    「ドラゴン桜2」若手は粒ぞろい “第2の長澤まさみ”が現れるか

  9. 9

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  10. 10

    インドで新たな変異株が!初期変異株より感染力15倍の衝撃

もっと見る