サニブラウン全米制覇へ “高速コース”の恩恵で記録更新も

公開日: 更新日:

 日本記録更新に加え、全米制覇の期待が高まっている。

 陸上男子短距離(100、200メートル)で、全米大学選手権(6月5日開幕=テキサス州オースティン)に出場するサニブラウン・ハキーム(20=フロリダ大)。24日(日本時間25日)から行われた同選手権東部地区予選では100メートル(10秒13)、200メートル(20秒13=日本歴代3位)とも、まずまずのタイムで、初の本戦に駒を進めた。

 100メートルでは桐生祥秀(23=9秒98)に次ぐ、日本歴代2位の9秒99を持つサニブラウンは今大会、さらなる記録更新の可能性は十分にある。

 会場であるテキサス大学オースティン校のマイヤーズ・スタジアムの陸上トラックは記録が出やすいことで知られる。同州特有の乾燥帯のため、空気抵抗が少ない。ダルビッシュ(現カブス)が一昨年途中まで所属したレンジャーズの本拠地グローブライフ・パーク(アーリントン)で打球が飛びやすいのと同様、オースティンでも記録が伸びやすいのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  2. 2

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  5. 5

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  6. 6

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  7. 7

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  8. 8

    ラニーニャ現象起こるとパンデミック 歴史が物語る関連性

  9. 9

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  10. 10

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

もっと見る