サニブラウン全米制覇へ “高速コース”の恩恵で記録更新も

公開日: 更新日:

 日本記録更新に加え、全米制覇の期待が高まっている。

 陸上男子短距離(100、200メートル)で、全米大学選手権(6月5日開幕=テキサス州オースティン)に出場するサニブラウン・ハキーム(20=フロリダ大)。24日(日本時間25日)から行われた同選手権東部地区予選では100メートル(10秒13)、200メートル(20秒13=日本歴代3位)とも、まずまずのタイムで、初の本戦に駒を進めた。

 100メートルでは桐生祥秀(23=9秒98)に次ぐ、日本歴代2位の9秒99を持つサニブラウンは今大会、さらなる記録更新の可能性は十分にある。

 会場であるテキサス大学オースティン校のマイヤーズ・スタジアムの陸上トラックは記録が出やすいことで知られる。同州特有の乾燥帯のため、空気抵抗が少ない。ダルビッシュ(現カブス)が一昨年途中まで所属したレンジャーズの本拠地グローブライフ・パーク(アーリントン)で打球が飛びやすいのと同様、オースティンでも記録が伸びやすいのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    花嫁の逆襲 私の結婚式を台無しにしたあの女が許せない!

  3. 3

    損しないために“ねんきん定期便”確認すべき3つのポイント

  4. 4

    錦織圭やはり問われる「チーム体制」万年8強止まりの元凶

  5. 5

    若林ドン引き オードリー春日「浮気謝罪で100万円」の性根

  6. 6

    広瀬すずvs永野芽郁 NHK朝ドラの次は映画で対決か?

  7. 7

    超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

  8. 8

    オードリー春日の浮気発覚 人間の性根は簡単に変わらない

  9. 9

    交流戦で打率急降下…G坂本が迫られる「本塁打か安打か」

  10. 10

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る