松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

大谷派vs菊池派に分かれ…岩手で「花巻の乱」勃発の恐れ

公開日: 更新日:

 ロサンゼルスの地元テレビ局「FOXスポーツ・ウエスト」で解説を務めるエンゼルスOBのマーク・グビザが、試合開始直前に「ハナマキヒガシ」という固有名詞を反復発音練習しているのをNHKが取材して、

「今、全米に花巻東が広まりつつあります」

 いくらなんでもそりゃオーバーだろ、と笑ったが、考えてみりゃ岩手県の同じ高校からメジャーリーガーが2人出て、今海の向こうで敵味方に分かれて対戦しているなんて、地元岩手じゃどんなだろうかしらん?

 昼飯時の食堂で、大谷がホームラン打った瞬間にワッと盛り上がって、次の瞬間、菊池の気持ちに思いを致し、「次は抑えるべ」と言って、何となくぎこちない空気が流れたりせんかったろうか?

 そのうち、地元は大谷応援派と菊池応援派に分かれてお互いを意識するようになり、

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  4. 4

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  10. 10

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

もっと見る