松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

アンチ巨人希望の星 広島長野よ、もう一度攻め上がれ!

公開日: 更新日:

 広島長野久義が打てんなあ。広島ファンのやっかみで、丸はマルでダメだ。長野は広島でチョウノ花よと持ち上げて応援しとるのに、まだ打率1割台だって?

 ドラフトで日ハムとロッテを蹴散らし、「ボクは巨人ば好いとっト!」(すまん、君が佐賀出身と聞いて九州弁使うちみた)。

 3年越しの片思いが実ったときゃ晴れやかだったろ? 背番号が不倫モンダイで追われた二岡の空き番だったというのがチ~ト嫌な予感がしたもんだで。

 どうして巨人は3年も待たせたと思う? 他に欲しい選手いっぱいいたのサ。長野は待つだろうからいつでも取れる、と高をくくってたのサ。

 国内FA権も行使せず巨人一筋。それが……村田修一に代わって選手会長やらされたあたりで、2度目のいや~な予感がしたもんだで。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  4. 4

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  8. 7

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  9. 8

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  10. 9

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  11. 10

    木下優樹菜が活動再開から1週間足らず…芸能界引退の真相

もっと見る