打率3割常連の面影なし…ソフトB内川も抗えない疲れと加齢

公開日: 更新日:

 日本を代表するヒットメーカーが苦しんでいる。

 ソフトバンクの内川聖一(36)は26日現在、打率.238。パの規定打席到達者の中で、下から4番目。かつて3割の常連だった面影はない。

 低空飛行の理由について森ヘッドコーチは「疲労かもしれない」と言うが、あるホークスOBはこう語る。

「あまり衰えという言葉は使いたくないけど、内川は8月で37歳になる。この年になれば体が思ったように動かなくなるし、動体視力だって衰える。成績が下降中のベテランが劇的に上昇することはほとんどない。プロ野球は、主力選手でも、だいたい30代後半で引退する。そのぐらいの年になれば、成績に対する諦めが徐々に出てくるもの。猛練習で衰えをカバーすることはできるが、『復調したとして、この先何年もつか……』と考えたら気持ちが萎えてしまうものなんです。もはや内川に、3割打者の打撃を求めるのは酷というものです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  2. 2

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  5. 5

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  6. 6

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  7. 7

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  8. 8

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  9. 9

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  10. 10

    巨人もベタ降り? 大船渡・佐々木に日本ハム単独指名の目

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る