打率3割常連の面影なし…ソフトB内川も抗えない疲れと加齢

公開日: 更新日:

 日本を代表するヒットメーカーが苦しんでいる。

 ソフトバンク内川聖一(36)は26日現在、打率.238。パの規定打席到達者の中で、下から4番目。かつて3割の常連だった面影はない。

 低空飛行の理由について森ヘッドコーチは「疲労かもしれない」と言うが、あるホークスOBはこう語る。

「あまり衰えという言葉は使いたくないけど、内川は8月で37歳になる。この年になれば体が思ったように動かなくなるし、動体視力だって衰える。成績が下降中のベテランが劇的に上昇することはほとんどない。プロ野球は、主力選手でも、だいたい30代後半で引退する。そのぐらいの年になれば、成績に対する諦めが徐々に出てくるもの。猛練習で衰えをカバーすることはできるが、『復調したとして、この先何年もつか……』と考えたら気持ちが萎えてしまうものなんです。もはや内川に、3割打者の打撃を求めるのは酷というものです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  5. 5

    持続化給付金の不正受給 早急に返金と自首をするべき

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    白石麻衣10.28乃木坂卒業で注目 ソロ活動と恋愛解禁Xデー

  8. 8

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  9. 9

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  10. 10

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

もっと見る