交流戦で打率急降下…G坂本が迫られる「本塁打か安打か」

公開日: 更新日:

 巨人の主将・坂本勇人(30)が分岐点にいる。

 リーグ2位の21本塁打、同4位の48打点ながら、21日のソフトバンク戦ではプロ野球ワーストタイ記録となる1試合5三振。翌日の1打席目も三振で2試合で6打席連続三振に倒れるなど、交流戦は打率.183の絶不調に陥った。交流戦に入る前に3割4分あった打率は、現在ジャスト3割に落ち込んでいる。

 巨人OBで評論家の高橋善正氏がこう言う。

「開幕から36試合連続出塁の頃は手がつけられませんでした。この頃は本塁打も安打も量産していたが、相手投手にとって厄介だったのは、ボール球を振らず、きっちり四球を選べることだった。もともと、選球眼がいい打者。それが、交流戦では外角や低めのボール球になる変化球を追い掛け、手を出していた。今年は体勢を崩すほどのフルスイングで昨年(18本)より飛躍的に本塁打を増やしている(21本)。半面、三振も目立っている(71=リーグワースト5位)。これはホームランバッターの傾向で、本塁打を意識すると、開きが早くなるため、打率が落ちるのが宿命です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  3. 3

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    会見はムダ…渡部建の芸能界復帰が絶対にあり得ない理由

  6. 6

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  7. 7

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  8. 8

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  9. 9

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  10. 10

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

もっと見る