交流戦で打率急降下…G坂本が迫られる「本塁打か安打か」

公開日: 更新日:

 巨人の主将・坂本勇人(30)が分岐点にいる。

 リーグ2位の21本塁打、同4位の48打点ながら、21日のソフトバンク戦ではプロ野球ワーストタイ記録となる1試合5三振。翌日の1打席目も三振で2試合で6打席連続三振に倒れるなど、交流戦は打率.183の絶不調に陥った。交流戦に入る前に3割4分あった打率は、現在ジャスト3割に落ち込んでいる。

 巨人OBで評論家の高橋善正氏がこう言う。

「開幕から36試合連続出塁の頃は手がつけられませんでした。この頃は本塁打も安打も量産していたが、相手投手にとって厄介だったのは、ボール球を振らず、きっちり四球を選べることだった。もともと、選球眼がいい打者。それが、交流戦では外角や低めのボール球になる変化球を追い掛け、手を出していた。今年は体勢を崩すほどのフルスイングで昨年(18本)より飛躍的に本塁打を増やしている(21本)。半面、三振も目立っている(71=リーグワースト5位)。これはホームランバッターの傾向で、本塁打を意識すると、開きが早くなるため、打率が落ちるのが宿命です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  7. 7

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  8. 8

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  9. 9

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  10. 10

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

もっと見る