「信賞必罰」阪神・矢野監督は“不振”鳥谷二軍降格の英断を

公開日: 更新日:

 二軍落ちさせた方がいいのではないか。阪神鳥谷敬(38=写真)のことだ。

 今季は打率.130、0本塁打、0打点。遊撃手として再挑戦したが、衰えは顕著。ベンチを温め続ける鳥谷を、矢野監督は一軍に置き続けるという。鳥谷のプロ意識を他の選手に学んでほしい、というわけだ。

 鳥谷はプロ入りしてから、二軍落ちしたことが一度もない。新人年に二軍の試合経験はあるが、一軍登録されていた。つまり、プロ入りから16年間、一度も二軍落ちしたことがない。まして今年で5年契約が切れる男を二軍に落とせば、いよいよ周囲は「引退」と騒ぐ。

 ただ、鳥谷がよりどころとしてきた連続試合出場はすでに途切れている。結果の出ないベテランを“特別扱い”することは、他の選手のやる気に関わる。

 しかも矢野監督は「競争」と「信賞必罰」を重視している。その方針にもそぐわない。阪神は優勝争いをし、現有戦力の底上げをテーマに掲げている。一軍に置くべき選手は他にもいる。

 選手のお手本というなら、若い二軍の選手に見せてやった方がいい。鳥谷にとっても、いずれ指導者になる際に二軍を知ることは決してマイナスにはならないだろう。この一軍帯同は、鳥谷の晩節を汚すことにならないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  4. 4

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  5. 5

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  8. 8

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  9. 9

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  10. 10

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

もっと見る