「信賞必罰」阪神・矢野監督は“不振”鳥谷二軍降格の英断を

公開日: 更新日:

 二軍落ちさせた方がいいのではないか。阪神鳥谷敬(38=写真)のことだ。

 今季は打率.130、0本塁打、0打点。遊撃手として再挑戦したが、衰えは顕著。ベンチを温め続ける鳥谷を、矢野監督は一軍に置き続けるという。鳥谷のプロ意識を他の選手に学んでほしい、というわけだ。

 鳥谷はプロ入りしてから、二軍落ちしたことが一度もない。新人年に二軍の試合経験はあるが、一軍登録されていた。つまり、プロ入りから16年間、一度も二軍落ちしたことがない。まして今年で5年契約が切れる男を二軍に落とせば、いよいよ周囲は「引退」と騒ぐ。

 ただ、鳥谷がよりどころとしてきた連続試合出場はすでに途切れている。結果の出ないベテランを“特別扱い”することは、他の選手のやる気に関わる。

 しかも矢野監督は「競争」と「信賞必罰」を重視している。その方針にもそぐわない。阪神は優勝争いをし、現有戦力の底上げをテーマに掲げている。一軍に置くべき選手は他にもいる。

 選手のお手本というなら、若い二軍の選手に見せてやった方がいい。鳥谷にとっても、いずれ指導者になる際に二軍を知ることは決してマイナスにはならないだろう。この一軍帯同は、鳥谷の晩節を汚すことにならないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    蒼井そら発掘 数万人をAV女優にして逮捕された大手プロ社長の「目利きと商魂」

    蒼井そら発掘 数万人をAV女優にして逮捕された大手プロ社長の「目利きと商魂」

  2. 2
    ギネスを目指すロシアの“超大型ネコ” 成長中メインクーンの体重は12.5キロ!

    ギネスを目指すロシアの“超大型ネコ” 成長中メインクーンの体重は12.5キロ!

  3. 3
    皇室も宮内庁も情報発信を一から考え直さないと誤解と悲劇は続く

    皇室も宮内庁も情報発信を一から考え直さないと誤解と悲劇は続く

  4. 4
    三田寛子「卒婚宣言」の現実味…夫・中村芝翫3度目不倫報道、もう神対応はみられない?

    三田寛子「卒婚宣言」の現実味…夫・中村芝翫3度目不倫報道、もう神対応はみられない?

  5. 5
    フリー俳優になる東出昌大の暗い前途…成功した「フワちゃん」との決定的な違い

    フリー俳優になる東出昌大の暗い前途…成功した「フワちゃん」との決定的な違い

もっと見る

  1. 6
    大泉洋に大仕事が次々と!NHK大河「鎌倉殿の13人」でも際立つ陰と陽

    大泉洋に大仕事が次々と!NHK大河「鎌倉殿の13人」でも際立つ陰と陽

  2. 7
    高視聴率ドラマ「DCU」に賛否 日曜劇場のマンネリ設定と“過剰サービス”で「食傷気味」の声も

    高視聴率ドラマ「DCU」に賛否 日曜劇場のマンネリ設定と“過剰サービス”で「食傷気味」の声も

  3. 8
    野良犬とロシア10歳少女の奇跡! 零下11度の猛吹雪で行方不明になったが…

    野良犬とロシア10歳少女の奇跡! 零下11度の猛吹雪で行方不明になったが…

  4. 9
    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

  5. 10
    <9>“近居”が最近のブームだが…老夫婦が息子の近所に住む選択はベストか

    <9>“近居”が最近のブームだが…老夫婦が息子の近所に住む選択はベストか