「信賞必罰」阪神・矢野監督は“不振”鳥谷二軍降格の英断を

公開日: 更新日:

 二軍落ちさせた方がいいのではないか。阪神の鳥谷敬(38=写真)のことだ。

 今季は打率.130、0本塁打、0打点。遊撃手として再挑戦したが、衰えは顕著。ベンチを温め続ける鳥谷を、矢野監督は一軍に置き続けるという。鳥谷のプロ意識を他の選手に学んでほしい、というわけだ。

 鳥谷はプロ入りしてから、二軍落ちしたことが一度もない。新人年に二軍の試合経験はあるが、一軍登録されていた。つまり、プロ入りから16年間、一度も二軍落ちしたことがない。まして今年で5年契約が切れる男を二軍に落とせば、いよいよ周囲は「引退」と騒ぐ。

 ただ、鳥谷がよりどころとしてきた連続試合出場はすでに途切れている。結果の出ないベテランを“特別扱い”することは、他の選手のやる気に関わる。

 しかも矢野監督は「競争」と「信賞必罰」を重視している。その方針にもそぐわない。阪神は優勝争いをし、現有戦力の底上げをテーマに掲げている。一軍に置くべき選手は他にもいる。

 選手のお手本というなら、若い二軍の選手に見せてやった方がいい。鳥谷にとっても、いずれ指導者になる際に二軍を知ることは決してマイナスにはならないだろう。この一軍帯同は、鳥谷の晩節を汚すことにならないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  6. 6

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  7. 7

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  8. 8

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る