山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

木浪vs鳥谷の虎遊撃争い 矢野監督の理念と覚悟が問われる

公開日: 更新日:

 今季のプロ野球が開幕した。我が阪神ヤクルトを相手に2勝1敗で開幕3連戦を終えた。打線は低調だったが、安定した投手力で僅差の試合をつくり、何とか勝ち越すという、古くからの阪神の伝統といってもいいような戦いの連続だった。

 この開幕カード、私だけでなく多くの虎党の印象に残ったのは、プロ16年目にして初の開幕スタメン落ちとなったベテラン・鳥谷敬だろう。今季の鳥谷は37歳という年齢ながら、かつて聖域とまで称されたショートのレギュラーポジションを再び奪うべく、キャンプから若手に交じって猛練習を重ねた。オープン戦でも3割以上の打率を残すなど、とても2000安打以上の実績を誇る球団史上屈指の大選手とは思えないような、泥くさいアピールを続けてきた。

 しかし、それでも矢野燿大監督が選んだ開幕ショートはルーキーの木浪聖也だった。彼もまたオープン戦では12球団最多の22安打を放ち、球団の新人最多安打記録を更新した注目株。いくら実績豊富な鳥谷といえども、37歳という年齢を考慮して将来性のある若手と比較すると、若いほうを優先するのは采配のセオリーだ。そもそも鳥谷自身もルーキーの頃、当時の岡田彰布監督から将来性を期待されて正ショートに抜擢された選手なのだから、人生とは不思議なものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  7. 7

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  8. 8

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

  9. 9

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  10. 10

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

もっと見る