今や鳥谷は“4億円”代打要員…阪神契約切れで気になる去就

公開日: 更新日:

阪神で現役続行はないやろ」

 あるOBが鳥谷(写真)についてこう言った。5年総額20億円の大型契約が今季で切れる16年目のベテランは、このところ代打出場がもっぱら。この日は3―1の八回2死二塁から代打で登場し、四球を選んだ。

 鳥谷はここまで27試合で打率・128。本塁打と打点はなし。4億円の給料に見合う仕事はしていない。本人は納得のいく成績でなければ今年限りでの引退も示唆している。今の状態ならユニホームを脱ぐことになりそうだ。「でも、それはタテジマの話やろ」と、前出のOBが続ける。

「トリは自由枠での入団で2005年優勝の功労者。引退しても球団は何かしらのポストは用意するはずやし、評論家の声もかかるに違いない。カネはあるから家族のために2年ぐらいは野球から離れるかもしれんよ。でもな、野球人として尊敬する井口が千葉ロッテの監督やろ。今岡は二軍監督として引っ張られたけど、トリは井口監督から『若手の見本になるよう最後に力を貸してくれ』と誘われたらわからんよ。いずれにしても心底野球が好きな男やからね」

 阪神ファンからすれば、最後に甲子園でもうひと花咲かせてもらいたいだろうが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  2. 2

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  3. 3

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  4. 4

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  5. 5

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  6. 6

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  7. 7

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  8. 8

    加藤綾子にフジ番組MC降板説…“三顧の礼”が評価急落のワケ

  9. 9

    菅首相「経済再開」一本やりで“GoToツインデミック”一直線

  10. 10

    市民は反対票を「大阪都構想」維新は何度でも仕掛けてくる

もっと見る