阪神高山が復調気配 “放出回避”を誰よりも安心したのは?

公開日: 更新日:

 復調気配を見せている。

 阪神の高山俊(26)である。故障で二軍調整中の福留に代わって左翼でスタメン出場するなど、ここまで43試合に出場し、打率.282をマーク。規定打席には到達していないが、近年は湿り続けていたバットから、徐々に快音が聞こえてくるようになった。

 明大時代に東京六大学史上最多の通算131安打を放ち、ヤクルトとの競合の末に、15年ドラフト1位で阪神入団。1年目から134試合に出場、打率.275、8本塁打、65打点で新人王になったが、2年目は打率.250、6本塁打、3年目の昨年は打率.172、1本塁打とみるみる成績を落としていた。

 阪神OBが言う。

「高山の打撃フォームは、大学時代にほぼ完成されていた。しかし、長打を狙え、二塁打を狙えと首脳陣にフォームをイジられているうちに、ガタガタに崩れた。そんな高山のことを気にかけているのが、プロ入りから2年間、二軍監督を務めた掛布さん(オーナー付シニア・エグゼクティブ・アドバイザー=SEA)です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  4. 4

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  5. 5

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  6. 6

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  7. 7

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  8. 8

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る