大谷の打撃をエ軍首脳陣“放任”へ 凡打での助言が今季激減

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(24)が息を吹き返した。

 16日(日本時間17日)のレイズ戦(セントピーターズバーグ)に「3番・DH」でスタメン出場し、4打数2安打1得点。日本人メジャーリーガー初のサイクル安打を達成した13日以来、3試合ぶりのマルチ安打で、打率を2割7分8厘とした。試合は5―6で敗れた。

 大谷は五回、2番手左腕ビークスの真ん中低めの速球を右前に運ぶと、九回は守護神カスティーヨを強襲する内野安打を放った。

 その大谷に対する首脳陣の接し方が、昨年とは変わったという。

 昨年は結果が出なくなると、コーチの方からアドバイスしてきた。しかし、今年は、たとえ凡打を重ねても、コーチからアレコレ言ってくることはほとんどないとか。

 エンゼルスは今季、昨年までのエリック・ヒンスキーから、ジェレミー・リードに打撃コーチが代わった。リード打撃コーチの指導方針もあるのかもしれないが、そもそも大谷はコーチの助言を素直に聞き入れるタイプではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  10. 10

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

もっと見る