6月は疲れのピーク…マリナーズが迫られる雄星休養の決断

公開日: 更新日:

 これまでメジャー挑戦した日本人投手の多くは、1年目の5月から6月くらいまでに疲れのピークを経験しているそうだ。

 日本のプロ野球のものより大きくて、滑りやすい公認球、中4日の登板間隔などが肉体に負担をかけ、肩肘を故障する選手も。ヤンキースの田中将大が右肘靱帯部分断裂で故障者リスト入りしたのは7月9日、エンゼルスの大谷翔平が右肘靱帯損傷で離脱したのは6月8日だった。

 中には肘痛を抱えているにもかかわらず、故障が首脳陣にバレてローテーションを外されることを危惧、痛みをトレーナーに申告することすらできず、市販の痛み止めを飲んでしのいだメジャーリーガーもいる。故障が必ずしも公になるとは限らないし、渡米した日本人投手のほとんどが環境の差異に苦しんでいるのは間違いない。

 さて、マリナーズの菊池雄星(28)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  4. 4

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  7. 7

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  10. 10

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る