データ戦略か?本塁打記録塗り替えたヤンキース打線の正体

公開日: 更新日:

 こと打撃に関して、特異なデータ戦略を用いているともっぱらなのがヤンキースだ。データ分析に割く人数はメジャーナンバーワンともいわれている。

■取材は不可能

 しかし、そこは名門人気球団のヤンキース、ガードが堅い。このチームにおける頭脳ともいえるデータやアナリティック(分析)に関しての取材はまったくと言っていいほど不可能。現にこれだけデータの活用が取り沙汰される中、このチームにおけるそれについての記事を目にすることはまずない。

 昨シーズン267本の本塁打を放ち、1シーズンにおけるチーム本塁打の記録を更新。今季もその長打を最大の武器とした攻撃力に陰りはなさそうだ。

 ヤンキースは6月29日現在、シーズンのちょうど半分の81試合を消化して137本塁打。これを2倍すると274本となり、昨シーズンの記録を更新することになる。しかもこれまで2002年のテキサス・レンジャーズの持っていた27試合連続本塁打という記録を17年ぶりに更新、30試合まで伸びている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  7. 7

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  8. 8

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

  9. 9

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  10. 10

    巨人は今年も大補強へ着々 即戦力投手逃しドラフト大誤算

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る