データで差がつくのは戦略的優位性ではなく「活用の仕方」

公開日: 更新日:

 ここ数年、メジャーリーグの世界を吹き荒れたデータ野球旋風も、今シーズンになり、その風速はだいぶ落ちてきたかのようにみえる。

 多くの球団がデータ分析を、戦術、戦略、選手育成などに取り込むのをやめてしまった、というわけではもちろんない。むしろその逆。今やメジャーリーグ30球団すべてのチームがデータ解析部門を持ち、日々更新されるさまざまなデータをその戦略に取り入れており、フィールドで行われる一つ一つのプレーはすべてデータに基づいていると言っても過言ではない。 

■「戦略的優位性はない」

 投手は初球にストライクを投げること。その場合、どの球種から入るのか。打者は初球からスイングしていくこと。狙う球種の見極め、野手側の守備シフト、カウントによる守備位置の変更など、すべてがデータに基づく数値により説明がつくものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  9. 9

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る