楽天・美馬あと3人で…中大恩師と「師弟で完全試合」逃す

公開日: 更新日:

 楽天の美馬学(32)が大記録を逃した。

 先発した19日のソフトバンク戦で八回までパーフェクト投球。1994年の巨人・槙原以来となる25年ぶりの完全試合を期待するファンの大歓声を背に向かった九回のマウンドでしかし、いきなり記録は霧散した。

 先頭の明石を四球で歩かせると、続く栗原の詰まった打球が左前に落ちてノーヒットノーランも消滅。併殺で2死としたものの、上林に右越え三塁打を打たれて、完封まで逃してしまった。

「惜しかったです。九回はちょっとプレッシャーだった」

 とは、今季6勝目を手にしながら、苦笑いが止まらなかった美馬。

「もったいないね。パーフェクトを四球で終わらせるってのは、いただけないな。ど真ん中に投げて打たれた方がまだ納得できますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  2. 2

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  5. 5

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  6. 6

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  7. 7

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  8. 8

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

  9. 9

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

  10. 10

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る