楽天オコエ二軍落ち…何がライバル辰己涼介との勝敗分けた

公開日: 更新日:

 10日、楽天オコエ瑠偉(21)が登録を抹消された。理由は成績不振による再調整。ここまで41試合に出場して打率.165、交流戦では4打数無安打だった。

 今季はドラフト1位ルーキーの辰己涼介(22)が入団したことで、外野手のレギュラー争いが激化。1歳違いの同世代ということもあり、2人は周囲からライバル関係として注目されてきた。

 開幕スタメンを勝ち取ったのはオコエだった。これまで周囲をざわつかせてきたビッグマウスを封印。態度や髪形を再三、注意してきた平石監督からも“更生”を認められていた。

 しかし、軍配が上がったのは開幕ベンチスタートの辰己だった。ここまで43試合で打率・248、7盗塁。出塁率は3割を超える。4月に打撃不振で二軍落ちを経験したが、昇格の3日後にはプロ初本塁打を放ち、以降スタメンに定着した。いまやソフトバンクの甲斐野や高橋礼らと新人王を争う存在だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  2. 2

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  3. 3

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  4. 4

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  5. 5

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  6. 6

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

  7. 7

    ゆきぽよ“安倍批判”に賛同の声 若者の政治意識は変わるか

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    ストロボが当たっているはずなのに“襟の奥”がほぼ見えない

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る