地元出身マキロイ 怒涛のバーディーラッシュ65も予選落ち

公開日: 更新日:

【全英オープン】2日目

 68年ぶり2度目の北アイルランド開催とあって、地元出身のR・マキロイ(30)が意地を見せた。

 大会初日は1番パー4での「8」がブレーキになり、8オーバー150位タイと優勝大本命が大乱調だった。

 この日は、前日とは別人。ギャラリーの大声援を受けて怒涛のバーディーラッシュを見せた。

 前半は3番、7番バーディー。折り返して10番から3連続バーディー。

 圧巻は12番パー5だ。

 フォロー風とダウンヒルの好条件が重なり、ドライバー飛距離はキャリー330ヤード+ラン50ヤードの380ヤード近くになり、ピンまでの残り距離は約150ヤード。そこでマキロイが手にしたのは52度のウエッジ。ピン上5メートルへ2オンに成功し、イーグルパットは惜しくもカップをかすめたが楽々バーディーだった。この時点で3オーバー。残り6ホールでスコアを2つ縮めるぐらい「マキロイならやってくれるだろう」と観客も熱狂した。しかし13番パー3でティーショットが右バンカーにつかまりボギー。

 終盤は14番2.5メートル、16番3メートルのバーディーパットを決めて予選通過を最後まであきらめなかったが、1打及ばずに大会2日目で姿を消した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  10. 10

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る