毎年ゾロゾロ渡英も予選突破できず 日本人プロの体たらく

公開日: 更新日:

【全英オープン】

 アマチュア(金谷拓実)を除けば、今年の日本勢は7人のプロが出場して予選を突破したのはたった2人だった。

 2000年から今年までの20大会で、日本人プロは延べ147人が出場(平均7.35人)して、105人が予選落ち。トップ10入りは丸山茂樹(02年・5位)、谷原秀人(06年・5位)、松山英樹(13年・6位)の3人しかいない。

「4大メジャーの中で日本人に最も勝つチャンスがあるのは全英」とよく言われるが、これが現実だ。

 1976年に鈴木規夫が日本人で初めてトップ10(10位)入りを果たし、青木功が78年から4年連続で7位、7位、12位、11位と健闘。82年倉本昌弘4位、86年は中嶋常幸が首位のG・ノーマンに1打差の2位で最終組を回り8位、88年は青木7位と、確かにこの頃は日本選手が「クラレットジャグ」(優勝トロフィー)を手にすることは夢物語ではなかった。「日本人に最も勝つチャンスがある」と言われるのは、当時の成績や比較的小柄な選手の活躍が根拠になっているのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  10. 10

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る