96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

公開日: 更新日:

 ぶっちぎりである。

 巨人は前半戦を48勝31敗1分けの貯金「17」の首位で折り返した。交流戦後は10勝1敗。あっという間に2位DeNA、阪神に9.5、4位広島に11ゲームの大差をつけた。早ければ18日にも優勝へのマジックが点灯する。セ・リーグの灯は消えたのか。

 巨人の原辰徳監督(60)は「後半戦が逆に怖い。プロ野球というのはそうそう勝率に差が出ないから」と言う。これは半分は社交辞令、半分は本音だろう。1、2次政権で計12年間指揮を執った。これまで何度か「大逆転」を目の当たりにしているだけに、追う強み、追われる弱みを知っている。

 最近では2016年に日本ハムソフトバンクとの11.5ゲーム差を逆転。セでは11年に中日が8月3日の時点で独走していたヤクルトとの10ゲーム差をひっくり返した。巨人は08年に13ゲーム差を逆転している。少しさかのぼるが、有名なのは1996年、巨人の長嶋監督が命名した「メークドラマ」だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレビ朝日がスクープ撮 小室圭さんの生活を揺るがす「職場さらし」は許されるのか(成城大学教授・森暢平)

    テレビ朝日がスクープ撮 小室圭さんの生活を揺るがす「職場さらし」は許されるのか(成城大学教授・森暢平)

  2. 2
    NiziU初ライブにもファン失望…コロナ禍で人気頭打ち、グループ存続も“黄信号”寸前

    NiziU初ライブにもファン失望…コロナ禍で人気頭打ち、グループ存続も“黄信号”寸前

  3. 3
    最強横綱・白鵬ついに引退決意…「一代年寄」望むも品格ゼロで“襲名NO”か

    最強横綱・白鵬ついに引退決意…「一代年寄」望むも品格ゼロで“襲名NO”か

  4. 4
    安倍前首相が高市氏肩入れから一転…「撃ち方やめ」の大号令で河野氏勝利を絶対阻止

    安倍前首相が高市氏肩入れから一転…「撃ち方やめ」の大号令で河野氏勝利を絶対阻止

  5. 5
    「高市推し」シンパの錯乱暴走…凄まじい河野氏叩き、陣営がいさめてももう止まらない

    「高市推し」シンパの錯乱暴走…凄まじい河野氏叩き、陣営がいさめてももう止まらない

もっと見る

  1. 6
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 7
    「どれもクソみたいな不祥事」K-POPスターたちの転落、女性ファン失望させ再起不能に

    「どれもクソみたいな不祥事」K-POPスターたちの転落、女性ファン失望させ再起不能に

  3. 8
    巨人自力V消滅で迫る「粛清のオフ」 V逸なら詰め腹切らされるのは…原監督じゃない

    巨人自力V消滅で迫る「粛清のオフ」 V逸なら詰め腹切らされるのは…原監督じゃない

  4. 9
    懲りない昭恵夫人「勝負の3週間」でも“マスクなし密旅行”

    懲りない昭恵夫人「勝負の3週間」でも“マスクなし密旅行”

  5. 10
    ワクチン接種と未接種で永遠の別れに…パートナーを失った米国女性の無念

    ワクチン接種と未接種で永遠の別れに…パートナーを失った米国女性の無念