4番の重圧は全否定も…広島・誠也が打撃低迷の胸中を激白

公開日: 更新日:

 交流戦が終わっても苦戦の続く広島。昨季まで他球団をビビらせた打線が沈黙。中でも深刻なのが主砲の鈴木誠也(24)だ。

 交流戦では打率.238、本塁打3。鈴木は自身の現状について「今はとことん悪い。悪いところは分かっているけど、それを(直した状態で)試合で出すのが難しいので、こういう結果になっている」と不調を認めた上で、こう続けた。

「ダメなところが見つかっても直すのが簡単じゃない。前はこうやれば直ったけど、今はそれじゃあ直らないとかもあったし、今に合った直し方を早く見つけてやらないといけない」

 焦りも見えるが、4番というポジションからくる重圧とは無関係だという。

「精神的に追い詰められてとか、4番の重圧で打てないというのはまったくない。確かにチームが勝てていないのは僕が、チャンスで回ってくる場面でそれを潰しているから。得点圏で一本出ない苦しさはあるけど、プレッシャーで潰れるというのは1年目くらい。今は『最悪な状態』ではない。最悪なのは手も出ない、スイングができない、ストライクとボールの見極めもできない状態。最近、そういうことはないし、そうなりかけた時の直し方は分かっているんですけど……」(鈴木)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  9. 9

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る