エ軍大谷が超特大14号2ラン 打率3割3厘・打点38で前半締め

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(25)が、ケタ違いのパワーを見せつけた。

 7日(日本時間8日)のアストロズ戦に「3番・DH」でスタメン出場。三回1死三塁の好機で迎えた第2打席で、相手先発右腕ウルキーディの約147キロの直球を捉え、左中間スタンドの看板に直撃する14号2ラン。打球の軌道などを計測するMLBスタットキャストによれば、飛距離397フィート(約121メートル)の超特大の一発で、メジャー自己最長の7試合連続安打である。

 この日の大谷は6打数1安打2打点。右肘手術から5月7日のタイガース戦で復帰した今季は、53試合に出場し、198打数60安打の打率3割3厘、14本塁打、38打点と、まずまずの成績で前半戦を終えた。

 ダイヤモンドバックス・平野佳寿(35)はロッキーズ戦で、1回を1安打無失点1三振。前半戦は39試合で3勝4敗1セーブ、防御率4.09。チームは46勝45敗の勝率5割5厘で、首位ドジャースに13.5ゲーム差のナ・リーグ西地区2位で前半戦を折り返した。

 大リーグは8日(同9日)からオールスター休みに入り、11日から後半戦が再開する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  4. 4

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  5. 5

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  6. 6

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  7. 7

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  8. 8

    傲慢マッチ処分の裏側…“育ての親”メリー氏が苦渋の選択

  9. 9

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る