エ軍大谷が超特大14号2ラン 打率3割3厘・打点38で前半締め

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(25)が、ケタ違いのパワーを見せつけた。

 7日(日本時間8日)のアストロズ戦に「3番・DH」でスタメン出場。三回1死三塁の好機で迎えた第2打席で、相手先発右腕ウルキーディの約147キロの直球を捉え、左中間スタンドの看板に直撃する14号2ラン。打球の軌道などを計測するMLBスタットキャストによれば、飛距離397フィート(約121メートル)の超特大の一発で、メジャー自己最長の7試合連続安打である。

 この日の大谷は6打数1安打2打点。右肘手術から5月7日のタイガース戦で復帰した今季は、53試合に出場し、198打数60安打の打率3割3厘、14本塁打、38打点と、まずまずの成績で前半戦を終えた。

 ダイヤモンドバックス・平野佳寿(35)はロッキーズ戦で、1回を1安打無失点1三振。前半戦は39試合で3勝4敗1セーブ、防御率4.09。チームは46勝45敗の勝率5割5厘で、首位ドジャースに13.5ゲーム差のナ・リーグ西地区2位で前半戦を折り返した。

 大リーグは8日(同9日)からオールスター休みに入り、11日から後半戦が再開する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  5. 5

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  6. 6

    “外的要因”だけ?「まだ結婚できない男」視聴率下落と懸念

  7. 7

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  8. 8

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  9. 9

    吉沢亮を大河ドラマ主役に抜擢 裏にNHKの“ジャニーズ対策”

  10. 10

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る