畑岡奈紗は69位T発進 エビアン選手権“前倒し開催”の理由

公開日: 更新日:

【エビアン選手権】初日

 今季女子メジャー4戦目のエビアン選手権が開幕。世界ランク6位につけ、「メジャー優勝」を目標に掲げる畑岡奈紗(20)は、1バーディー、3ボギーの73で回り、2オーバー69位タイ発進。首位P・クリーマー(32)から9打差と大きく出遅れた。

 大会前に「調子が良くない」と語ったショットが足を引っ張った。フェアウエーキープ率69.2%(9ホール)、パーオン率61.1%(11ホール)と悪かった。さらにパット数は31。後半は3、4メートルのバーディーチャンスが何度もあったが、決められずにグリーン上でも精彩を欠いた。

 今季は3月の起亜クラシックで通算3勝目を挙げているが、メジャーはANAインスピレーション39位、全米女子オープン予選落ち、全米女子プロ14位とトップ10が一度もない。来週開催の全英女子オープンに向けて不安が募るばかりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  2. 2

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  3. 3

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  6. 6

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  7. 7

    三流国家のワル経営者に蝕まれる日本企業に世界が冷笑

  8. 8

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  9. 9

    丸の活躍で味をしめ…原巨人の次なる標的は中日159km左腕

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る