小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

山梨学院の4年連続甲子園を決めたのは二遊間の守備位置

公開日: 更新日:

 先月24日、私が臨時コーチを務める山梨学院が、山梨大会決勝で東海大甲府との接戦を5―4で制し、4年連続の甲子園出場を決めた。

 以前は打撃練習ばかりしていたチームに守備の重要性を叩き込んだ。今では多くの時間を守備練習にあてている。

 ポイントは二塁手、遊撃手による2つの併殺だ。1点を勝ち越された六回。なお1死満塁で二遊間は前進せず、二塁での併殺を狙う守備隊形を敷いて二ゴロ併殺。直後の逆転につなげた。

 試合後、吉田監督が「あれが全て」と褒めた2年生遊撃手・小吹の七回の守備も良かった。1点リードの1死一塁から中前に抜けようかという打球を飛びついて好捕。二塁手の菅野にトスして併殺に仕留めた。八回には菅野が二遊間のゴロを横っ跳びでキャッチ。一塁でアウトにした。

 遊撃の小吹は守備の要で肩も強い。昨夏、甲子園を沸かせた小園(報徳学園=現広島)もそうだったが、肩に自信があるショートは強い送球を見せたいため、三遊間寄りに守る傾向がある。私は決勝前、ミーティングでこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  2. 2

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  3. 3

    “外的要因”だけ?「まだ結婚できない男」視聴率下落と懸念

  4. 4

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  5. 5

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  6. 6

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

  9. 9

    支離滅裂の消費増税 「政策」が人々の生活を狂わせている

  10. 10

    避難所でホームレスを追い返す 台東区職員のルンルン生活

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る