夏の甲子園V争いは? OB・スカウト・強豪校監督ら多角分析

公開日: 更新日:

 今年の夏の甲子園は根尾(現中日)や藤原(現ロッテ)がいた昨年の大阪桐蔭のような、絶対的本命がいない。

 大会2連覇を狙った大阪桐蔭も、春夏連覇を目指した東邦(愛知)も地方大会で敗れた。

 30日、徳島と愛媛の代表校が決まり、49校がすべて出揃ったが、波乱の予感漂う101回大会を制するのはどこか。

■選手層がブ厚い東海大相模

「東海大相模(神奈川)は、とにかく選手層が厚い。もうちょっと監督の手腕が優れていれば、毎年、甲子園に出てるし、甲子園でも間違いなく上位まで勝ち進んでますよ。同じ神奈川の横浜も選手は粒揃いですけど、ここは横浜以上に能力のある選手が揃ってます」

 こう言うのはあるプロ野球OB。「知人の息子が相模の野球部にいて、よく練習を見に行くんだけど、選手個々の能力は高校生離れしている」と証言するのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  3. 3

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  4. 4

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  7. 7

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  8. 8

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

もっと見る