【スクープ】ドラフト候補球児をメジャーが“反則”青田買い

公開日: 更新日:

 あの163キロ右腕の佐々木朗希(大船渡)を卒業と同時に米国に連れて行こうともくろんだメジャー球団があるという。

 その球団はGMまで来日して本人や周囲に“粉”をかけようとしたらしいが、断念せざるを得なかった理由は、メジャーの事前登録制度と夏の甲子園にこだわった本人の意思によるところが大きいらしい。

■5月15日までに出生証明書提出

 高校球児が卒業と同時に海を渡るには、高いハードルを越える必要がある。

 メジャーリーグは2012年から「事前登録制度」を導入。1995年9月以降に生まれた海外アマ選手を獲得する場合、その年の5月15日までに出生証明書やIDなどを大リーグ機構に提出しなければならないからだ。

 日本の高校生の場合、国内外のプロ球団は、夏の甲子園が終了、選手がプロ志望届を提出するまで接触を禁じられている。出生証明書などの個人情報を取得する行為は「タンパリング(事前交渉)」にあたるから、夏の甲子園を目指す高校生が、卒業と同時にメジャーに挑戦することは事実上、不可能なのだ。現行のルール上、高校生を直接メジャーに連れていこうと思ったら、卒業を待って、翌年の5月15日までに登録する以外に方法はない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  2. 2

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  3. 3

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  4. 4

    大場久美子さん 家で「365日3食」利用できる子ども食堂を

  5. 5

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  6. 6

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  7. 7

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  8. 8

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る