【スクープ】ドラフト候補球児をメジャーが“反則”青田買い

公開日: 更新日:

 あの163キロ右腕の佐々木朗希(大船渡)を卒業と同時に米国に連れて行こうともくろんだメジャー球団があるという。

 その球団はGMまで来日して本人や周囲に“粉”をかけようとしたらしいが、断念せざるを得なかった理由は、メジャーの事前登録制度と夏の甲子園にこだわった本人の意思によるところが大きいらしい。

■5月15日までに出生証明書提出

 高校球児が卒業と同時に海を渡るには、高いハードルを越える必要がある。

 メジャーリーグは2012年から「事前登録制度」を導入。1995年9月以降に生まれた海外アマ選手を獲得する場合、その年の5月15日までに出生証明書やIDなどを大リーグ機構に提出しなければならないからだ。

 日本の高校生の場合、国内外のプロ球団は、夏の甲子園が終了、選手がプロ志望届を提出するまで接触を禁じられている。出生証明書などの個人情報を取得する行為は「タンパリング(事前交渉)」にあたるから、夏の甲子園を目指す高校生が、卒業と同時にメジャーに挑戦することは事実上、不可能なのだ。現行のルール上、高校生を直接メジャーに連れていこうと思ったら、卒業を待って、翌年の5月15日までに登録する以外に方法はない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  9. 9

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る