レアル久保&バルサ安部 スペイン2部Bから這い上がる条件

公開日: 更新日:

 レアル・マドリードのMF久保建英(18)とバルセロナのMF安部裕葵(20)。世界を代表するビッグクラブと契約した2人は来季トップ登録されるのか? Bチームの一員としてスペイン2部Bでプレーするのか?現時点ではBチームで好パフォーマンスを発揮し、トップからお呼びが掛かるのを待つ――というのが妥当なセンだろう。

 そもそも「スペイン2部B」とは? 

 22チームが参加する2部の下のカテゴリー。実質的には<3部>だ。1部、2部と違って全国リーグではない。80チームが、地域ごとに20チームずつ4グループに分かれて戦い、各グループ上位4チームの計16チームが2部昇格プレーオフに参加し、上位4チームが昇格切符を手にする。

「全盛期を過ぎたベテランと故障明けなどの中堅、将来を嘱望されている若手がチームを構成。選手たちの目標は<1部や2部のスカウトの目に留まること>です。チームの勝ち負けに貢献したかどうか、ではなくて<上のカテゴリーでも通用するのか?>という点を着目されるので久保も安部も<攻撃陣を差配して決定的なラストパスを繰り出し、機を見てゴールをおとしいれる>という自分自身のストロングポイントを前面に押し出すことだけを心掛けるべき」(Jリーグ関係者) 

 バルサ安部は日本時間1日、現地で行われた4部チームとのテストマッチでバルサデビューを果たした。レアル久保は米国、ドイツ遠征に帯同して帰国後もトップの練習に加わっている。テストマッチも練習も、アピールの場であることは言うまでもないだろう――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  3. 3

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  4. 4

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  8. 8

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

もっと見る