カブスの優勝は無理?ダルビッシュを悩ます「ヤギの呪い」

公開日: 更新日:

 カブス・ダルビッシュ有(33)が21日(日本時間22日)、5勝目(6敗)をかけてジャイアンツ戦(シカゴ)に登板。

 前回15日のフィリーズ戦では7回を4安打無失点、10奪三振、無四球。救援投手が打ち込まれて白星はつかなかったものの、1908年以降では球団史上初の4戦連続先発で、8奪三振以上、無四球を記録した。

 今季は序盤から不振が続き、先発10戦連続勝敗がなく、こちらも球団記録を更新した。今季はよくも悪くも記録尽くし。ここ7試合(計42・0回)では2勝2敗ながら、防御率2・36と安定しているが、エース右腕としての真価が問われるのはこれからだ。

 昨季、ナ・リーグ中地区の老舗球団に移籍してから、本拠地リグレーフィールドでの相性は決して良くないからだ。今季は12試合(計64・2回)に投げ、2勝3敗、防御率4・73。通算16試合(同84・0回)で2勝6敗、防御率4・82と、打ち込まれているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  3. 3

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  6. 6

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  7. 7

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  8. 8

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  9. 9

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  10. 10

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

もっと見る