カブスの優勝は無理?ダルビッシュを悩ます「ヤギの呪い」

公開日: 更新日:

 カブス・ダルビッシュ有(33)が21日(日本時間22日)、5勝目(6敗)をかけてジャイアンツ戦(シカゴ)に登板。

 前回15日のフィリーズ戦では7回を4安打無失点、10奪三振、無四球。救援投手が打ち込まれて白星はつかなかったものの、1908年以降では球団史上初の4戦連続先発で、8奪三振以上、無四球を記録した。

 今季は序盤から不振が続き、先発10戦連続勝敗がなく、こちらも球団記録を更新した。今季はよくも悪くも記録尽くし。ここ7試合(計42・0回)では2勝2敗ながら、防御率2・36と安定しているが、エース右腕としての真価が問われるのはこれからだ。

 昨季、ナ・リーグ中地区の老舗球団に移籍してから、本拠地リグレーフィールドでの相性は決して良くないからだ。今季は12試合(計64・2回)に投げ、2勝3敗、防御率4・73。通算16試合(同84・0回)で2勝6敗、防御率4・82と、打ち込まれているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  8. 8

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  9. 9

    習近平はヒトラーになるのか 中国の自信はファシズムの萌芽

  10. 10

    日米首脳会談“台湾問題”中国激怒で打撃を受けかねない14社

もっと見る