実力発揮できず…大橋悠依は“ビビリ癖”が五輪メダルへの鍵

公開日: 更新日:

 日本のお家芸の一つである競泳が物足りない結果に終わった。

 28日に幕を閉じた水泳の世界選手権(韓国・光州)。競泳陣は男子のエースである瀬戸大也(25)が個人メドレー2種目(200、400メートル)で金メダルを獲得し、来年の東京五輪代表に内定。男子の自由形200メートルでは松元克央(22)が日本勢で初めて自由形の表彰台(銀)に上がる収穫もあったが、女子は金メダルを獲得できなかった。

 闘病中のため戦列を離れている池江璃花子(19)に代わる女子のエース格である大橋悠依(23)は、個人メドレー2種目に出場したが、前回17年のブダペスト大会で銀メダルを獲得した200メートルでは平泳ぎで泳法違反によりまさかの失格。400メートルは銅メダルを獲得したものの、瀬戸とは対照的に五輪の出場権を獲得することはできなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  4. 4

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  5. 5

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  8. 8

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  9. 9

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  10. 10

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

もっと見る