実力発揮できず…大橋悠依は“ビビリ癖”が五輪メダルへの鍵

公開日: 更新日:

 日本のお家芸の一つである競泳が物足りない結果に終わった。

 28日に幕を閉じた水泳の世界選手権(韓国・光州)。競泳陣は男子のエースである瀬戸大也(25)が個人メドレー2種目(200、400メートル)で金メダルを獲得し、来年の東京五輪代表に内定。男子の自由形200メートルでは松元克央(22)が日本勢で初めて自由形の表彰台(銀)に上がる収穫もあったが、女子は金メダルを獲得できなかった。

 闘病中のため戦列を離れている池江璃花子(19)に代わる女子のエース格である大橋悠依(23)は、個人メドレー2種目に出場したが、前回17年のブダペスト大会で銀メダルを獲得した200メートルでは平泳ぎで泳法違反によりまさかの失格。400メートルは銅メダルを獲得したものの、瀬戸とは対照的に五輪の出場権を獲得することはできなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  3. 3

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る