G岩隈 ようやく二軍の実戦初登板でも“来季現役続行”のワケ

公開日: 更新日:

 チームの中でもすっかり、あの人は今? になっていた巨人の岩隈久志(38)が、ようやく実戦登板にこぎつけた。東京ドームのナイターで行われた昨21日の日本ハムとの二軍戦。六回に登場し、1イニングを3者凡退で片づけると、スタンドのファンから大きな歓声を浴びた。

「やっとスタートラインに立った。ここからだと思っています」

 とは、登板後の本人のコメント。今季中の一軍登板に意欲を見せたものの、違和感を抱える右肩の状態は2月のキャンプから一進一退を繰り返した。この日の最速は141キロ止まり。9月の声を聞こうかという時期にわずか12球でお役御免という段階では、一軍うんぬんより、身の処し方を考えるべきところだろう。

「それが、来季も巨人で現役続行が濃厚というんだからね。岩隈は原監督が自ら電話をかけて入団を要請したほど思い入れの強い選手。肩の不安が完全に癒えた状態で勝負をさせてやりたいと思っているようだ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  2. 2

    朝ドラヒロイン待望論も納得 清原果耶の“なり切り演技力”

  3. 3

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  4. 4

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  5. 5

    夕方ニュース枠はホラン千秋に軍配 カトパンは何が不足か

  6. 6

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<3>

  7. 7

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  8. 8

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  9. 9

    「いだてん」で懲りず? 吉沢亮主演のNHK大河もなぜ近代史

  10. 10

    “ライバル”を蹴散らして進次郎を射止めた滝クリの恋愛テク

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る