G岩隈 ようやく二軍の実戦初登板でも“来季現役続行”のワケ

公開日: 更新日:

 チームの中でもすっかり、あの人は今? になっていた巨人岩隈久志(38)が、ようやく実戦登板にこぎつけた。東京ドームのナイターで行われた昨21日の日本ハムとの二軍戦。六回に登場し、1イニングを3者凡退で片づけると、スタンドのファンから大きな歓声を浴びた。

「やっとスタートラインに立った。ここからだと思っています」

 とは、登板後の本人のコメント。今季中の一軍登板に意欲を見せたものの、違和感を抱える右肩の状態は2月のキャンプから一進一退を繰り返した。この日の最速は141キロ止まり。9月の声を聞こうかという時期にわずか12球でお役御免という段階では、一軍うんぬんより、身の処し方を考えるべきところだろう。

「それが、来季も巨人で現役続行が濃厚というんだからね。岩隈は原監督が自ら電話をかけて入団を要請したほど思い入れの強い選手。肩の不安が完全に癒えた状態で勝負をさせてやりたいと思っているようだ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  6. 6

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  7. 7

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  8. 8

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  9. 9

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  10. 10

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

もっと見る