巨人高笑いの貯金16 V争い佳境でライバル“自爆テロ”の強運

公開日: 更新日:

 18日の試合で阪神を3タテにした巨人が4連勝。貯金を16とした原監督は「主役になりましたね」と、7番・二塁でスタメン出場させた4年目の増田大輝(26)を褒め上げた。増田大は四回の第2打席で先制の2点三塁打。四球で出塁した六回には初球から立て続けに二盗、三盗を決め、東京ドームの巨人ファンから大歓声を浴びた。

 巨人OBが言う。

「このあたりが原監督のうまいところ。選手の状態を見極めて、大胆に起用する。増田大はプロ3度目のスタメン出場だからね。抜擢したうえで、俊足という増田大のストロングポイントを発揮させてやる。増田大は自信がついたと思う。巨人も決してチーム状態がいいわけではない。きょうだって先発の山口俊は再三のピンチを招いた。それでも、阪神の10残塁という拙攻に助けられて、自己最多の12勝目だろ。ここにきて、天敵の広島バティスタがドーピングでいなくなるし、巨人に追い風が吹いているのは確かだね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  3. 3

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  6. 6

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  7. 7

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  8. 8

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  9. 9

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  10. 10

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

もっと見る