5年ぶりVなら年俸総額38億円超え…巨人の金庫は大丈夫か?

公開日: 更新日:

 20日の中日戦はわずか3安打で勝利。初回に丸の適時打と重盗で奪った2点を投手陣が守り切った。これで、敗れた2位DeNAとの差は6ゲーム。22日にも優勝マジック21か22が点灯する。

「球団は大変ですよ」

 苦笑いを浮かべたチーム関係者が続ける。

「5年ぶりの優勝となれば、当然、その成果を選手の給料に反映させてやらなければならない。例えば、菅野(智之=29)です。昨オフの契約更改で年俸は球界最高の6億5000万円になった。今季は腰痛の影響で5月と7月に2度も登録抹消され、(20日現在で)9勝5敗。給料が給料だけに、本来は大幅昇給は望めないが、2年後(2021年)に海外FA権取得を控えている。本人がメジャー挑戦の意欲を公言し、東京五輪が終わる来年オフには、ポスティングによる米移籍を直訴する可能性もゼロではない。エースの流出を阻止するため、球団は大盤振る舞いして誠意を見せる必要が出てくるでしょ。他にも、今年はドンと年俸を弾んでやらなきゃいけない選手がわんさかいますからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  6. 6

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  7. 7

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  8. 8

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  9. 9

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  10. 10

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

もっと見る