5年ぶりVなら年俸総額38億円超え…巨人の金庫は大丈夫か?

公開日: 更新日:

 20日の中日戦はわずか3安打で勝利。初回に丸の適時打と重盗で奪った2点を投手陣が守り切った。これで、敗れた2位DeNAとの差は6ゲーム。22日にも優勝マジック21か22が点灯する。

「球団は大変ですよ」

 苦笑いを浮かべたチーム関係者が続ける。

「5年ぶりの優勝となれば、当然、その成果を選手の給料に反映させてやらなければならない。例えば、菅野(智之=29)です。昨オフの契約更改で年俸は球界最高の6億5000万円になった。今季は腰痛の影響で5月と7月に2度も登録抹消され、(20日現在で)9勝5敗。給料が給料だけに、本来は大幅昇給は望めないが、2年後(2021年)に海外FA権取得を控えている。本人がメジャー挑戦の意欲を公言し、東京五輪が終わる来年オフには、ポスティングによる米移籍を直訴する可能性もゼロではない。エースの流出を阻止するため、球団は大盤振る舞いして誠意を見せる必要が出てくるでしょ。他にも、今年はドンと年俸を弾んでやらなきゃいけない選手がわんさかいますからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  2. 2

    朝ドラヒロイン待望論も納得 清原果耶の“なり切り演技力”

  3. 3

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  4. 4

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  5. 5

    夕方ニュース枠はホラン千秋に軍配 カトパンは何が不足か

  6. 6

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<3>

  7. 7

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  8. 8

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  9. 9

    「いだてん」で懲りず? 吉沢亮主演のNHK大河もなぜ近代史

  10. 10

    “ライバル”を蹴散らして進次郎を射止めた滝クリの恋愛テク

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る