「4番大山」育成より目先の勝利を選ぶ虎・矢野監督の滑稽

公開日: 更新日:

 こうなると思っていた。阪神は4日、DeNAに延長戦の末、サヨナラ負け。大山悠輔(24)に代わって三塁を守る北條が先制適時打を打つなど活躍したが、最後は筒香の一発に沈んだ。

 問題はその大山だ。矢野監督は開幕前、「生え抜きを育てるというのも大きなテーマ」と話し、開幕後は大山を「4番・三塁」で使い続けた。チャンスで打てない4番だと非難の声があっても、「育てるために4番で使っている」と語っていた。

 にもかかわらず、8月10日に6番に降格させると、同30日からは、ついにスタメンから外した。

 今季はセ・パともにAクラス争いが激しく、4位阪神もまだCS出場の可能性がある。そのため、当初の目的だった「4番育成」を投げ捨て、目先の勝利に飛びついたというわけだ。

 大山は現在、打率.259、12本塁打、68打点。この日は延長十回に代打で出場し、右飛だった。矢野監督も、4番に見合うだけの打力がないことは百も承知。それでも我慢して使っていたのは将来のためではなかったのか。仮にどうにか今季Aクラス入りを果たしたところで、阪神が長年抱える真の「生え抜き4番」の誕生は先送りになるだけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  7. 7

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  10. 10

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

もっと見る