広島バティスタ処分で露呈…球界はドーピング意識が希薄

公開日: 更新日:

 禁止薬物を摂取した広島のバティスタ(27)に処分が下った。3日、NPBアンチ・ドーピング調査裁定委員会は6カ月間の出場停止処分を発表。期間は今年9月3日から2020年3月2日までとなる。

 期間を見ると、半分以上がオフシーズン。練習やキャンプで広島の施設を利用できないとはいえ、処分は3月3日には解除され、来季の開幕には間に合う計算になる。ネット上で「大甘だ」「オフの期間も含まれる出場停止処分なんてあり?」「これじゃ、やったもん勝ち」と批判の声が噴出しているのも当然だろう。

 MLB(大リーグ)の場合、1回目の違反は80試合(シーズン半分相当)の出場停止、2回目の違反は162試合(1シーズン)、3回目の違反で永久追放と定められている。のちの調査で軽減されることがあるとはいえ、明確だ。

 NPBに問い合わせると、「担当者が不在」としたうえでこう答えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  3. 3

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  4. 4

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  5. 5

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  6. 6

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    貴乃花“流浪の父親”の現在地 長男&元妻との決裂は決定的か

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る