広島バティスタ処分で露呈…球界はドーピング意識が希薄

公開日: 更新日:

 禁止薬物を摂取した広島のバティスタ(27)に処分が下った。3日、NPBアンチ・ドーピング調査裁定委員会は6カ月間の出場停止処分を発表。期間は今年9月3日から2020年3月2日までとなる。

 期間を見ると、半分以上がオフシーズン。練習やキャンプで広島の施設を利用できないとはいえ、処分は3月3日には解除され、来季の開幕には間に合う計算になる。ネット上で「大甘だ」「オフの期間も含まれる出場停止処分なんてあり?」「これじゃ、やったもん勝ち」と批判の声が噴出しているのも当然だろう。

 MLB(大リーグ)の場合、1回目の違反は80試合(シーズン半分相当)の出場停止、2回目の違反は162試合(1シーズン)、3回目の違反で永久追放と定められている。のちの調査で軽減されることがあるとはいえ、明確だ。

 NPBに問い合わせると、「担当者が不在」としたうえでこう答えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  3. 3

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  6. 6

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  7. 7

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  8. 8

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  9. 9

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  10. 10

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

もっと見る