中日で32年ぶり快挙 ドラ2梅津が3連勝で新巨人キラー襲名

公開日: 更新日:

 未完の大器が32年ぶりの快挙をやってのけた。

 3日の巨人戦でドラフト2位新人の梅津晃大(22=東洋大)が先発。5回1失点の好投で、デビューから3連勝を飾った。中日で初登板からの3連勝は、1987年の近藤真一以来、2人目の快挙となった。

 187センチ、90キロの恵まれた体格ながら、東洋大では故障などもあり、3年春までリーグ戦の登板はゼロ。結局4年秋の最終登板のリリーフで挙げた1勝のみに終わった。

 中日に2位指名されて臨んだ1月の新人合同自主トレ中、今度は「軽度の右肩インピンジメント症候群」で離脱。いきなり出はなをくじかれたが、二軍で門倉投手コーチの指導を受け、静かに牙を研いできた。

「門倉コーチが近鉄時代に同僚だった岩隈が故障明けにそうしていたように、無理をして低めに投げず、高めに回転のいい球を集中的に投げた方がいいと指導。梅津はこれまで長い手足を持て余していたが、身長193センチの門倉コーチと出会い、回転のいいボールが投げられるようになったのは大きかったのではないか」(中日関係者)

 東洋大時代、巨人も梅津を上位候補としてリストアップ。最後までマークを続けていたが、故障の不安などを考慮し、指名を見送った経緯がある。

 3勝中、巨人戦2連勝。新巨人キラー誕生なら、巨人にとって逃した魚は大きかったことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  3. 3

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  4. 4

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  5. 5

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  6. 6

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  7. 7

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  8. 8

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  9. 9

    福原愛が念願の五輪解説で大張り切り “不倫妻イメージ”払拭に躍起も複雑な胸中

  10. 10

    加藤官房長官“ジャラジャラ”手首に目がクギ付け 「何の願掛け?」と記者たちで話題に

もっと見る