中日で32年ぶり快挙 ドラ2梅津が3連勝で新巨人キラー襲名

公開日: 更新日:

 未完の大器が32年ぶりの快挙をやってのけた。

 3日の巨人戦でドラフト2位新人の梅津晃大(22=東洋大)が先発。5回1失点の好投で、デビューから3連勝を飾った。中日で初登板からの3連勝は、1987年の近藤真一以来、2人目の快挙となった。

 187センチ、90キロの恵まれた体格ながら、東洋大では故障などもあり、3年春までリーグ戦の登板はゼロ。結局4年秋の最終登板のリリーフで挙げた1勝のみに終わった。

 中日に2位指名されて臨んだ1月の新人合同自主トレ中、今度は「軽度の右肩インピンジメント症候群」で離脱。いきなり出はなをくじかれたが、二軍で門倉投手コーチの指導を受け、静かに牙を研いできた。

「門倉コーチが近鉄時代に同僚だった岩隈が故障明けにそうしていたように、無理をして低めに投げず、高めに回転のいい球を集中的に投げた方がいいと指導。梅津はこれまで長い手足を持て余していたが、身長193センチの門倉コーチと出会い、回転のいいボールが投げられるようになったのは大きかったのではないか」(中日関係者)

 東洋大時代、巨人も梅津を上位候補としてリストアップ。最後までマークを続けていたが、故障の不安などを考慮し、指名を見送った経緯がある。

 3勝中、巨人戦2連勝。新巨人キラー誕生なら、巨人にとって逃した魚は大きかったことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  5. 5

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  6. 6

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  7. 7

    自粛要請も海外旅行→コロナ感染→卒業式出席の呆れた行動

  8. 8

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  9. 9

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る