阪神ソラーテはもう解雇…広島に聞く“優良助っ人”の作り方

公開日: 更新日:

 クライマックスシリーズ(CS)進出を狙う4位阪神にまたドタバタ劇だ。阪神は昨9日、6日に一軍昇格を拒否したヤンハービス・ソラーテ(32)の契約解除と帰国を発表した。

 ソラーテは貧打解消の救世主として7月に加入したものの、緩慢過ぎる内外野の守備で投手陣の足を引っ張りまくり、打撃も20試合で打率・188、4本塁打と期待外れ。8月19日に登録を抹消されていた。

 CSを目指す大事な時期に水を差された格好だが、この球団は昔からお騒がせ助っ人に振り回されている。古くは1997年、阪神に当時史上最高額となる年俸3億円超で入団したグリーンウェルが、5月に自打球を右足甲に当てて骨折。「野球をやめろという神のお告げ」と突然帰国し、そのまま引退となったのは有名な話だ。

 一方、大金を使わない広島は優良外国人選手の発掘に定評がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  2. 2

    長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

  3. 3

    西田敏行「俺の家の話」車椅子姿の裏にある満身創痍の覚悟

  4. 4

    ヤマダ電機の軍門に下るも赤字脱却ならず提携1年後に退任

  5. 5

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  6. 6

    「給付金は一律支給を」困っているのは低所得者も中間層も同じ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    会見で語られた父親の決意「娘を社長にしたのが間違い」

  10. 10

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

もっと見る