阪神ソラーテはもう解雇…広島に聞く“優良助っ人”の作り方

公開日: 更新日:

 クライマックスシリーズ(CS)進出を狙う4位阪神にまたドタバタ劇だ。阪神は昨9日、6日に一軍昇格を拒否したヤンハービス・ソラーテ(32)の契約解除と帰国を発表した。

 ソラーテは貧打解消の救世主として7月に加入したものの、緩慢過ぎる内外野の守備で投手陣の足を引っ張りまくり、打撃も20試合で打率・188、4本塁打と期待外れ。8月19日に登録を抹消されていた。

 CSを目指す大事な時期に水を差された格好だが、この球団は昔からお騒がせ助っ人に振り回されている。古くは1997年、阪神に当時史上最高額となる年俸3億円超で入団したグリーンウェルが、5月に自打球を右足甲に当てて骨折。「野球をやめろという神のお告げ」と突然帰国し、そのまま引退となったのは有名な話だ。

 一方、大金を使わない広島は優良外国人選手の発掘に定評がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  7. 7

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  8. 8

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  9. 9

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  10. 10

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

もっと見る