虎戦力外の鳥谷をスルー 巨人今オフ補強“本命”は広島菊池

公開日: 更新日:

 5年契約最終年の阪神・鳥谷敬(38)が今季限りでチームを去る。

 8月31日に「29日に球団の方に呼ばれて、そこで『引退してくれないか』と言われた。事実上の戦力外という感じ。他チームで(獲得球団が)なければ、そのまま終わる形」と表明した。引退か他チームで現役を続行するかの2択だというが、これにシビアな反応を見せたのが巨人である。

 鳥谷は東京出身。

 巨人は昨オフにオリックスを自由契約となったベテラン内野手の中島宏之(37)を獲得している。そこで報道陣が巨人の大塚球団副代表に鳥谷獲得の可能性を聞くと、「考えていない」と即答。キッパリと否定したのだ。

 巨人のチーム関係者がこう言う。

「阪神というライバルチームを戦力外になった選手をありがたがって取るわけにはいかないというのはある。ただ、鳥谷の本職の遊撃には絶対的な坂本勇がいて、今季は若林、増田大、山本、田中俊といった若手内野手が二塁、三塁でしのぎを削っている。腰痛で長期離脱中の開幕二塁・吉川尚は、首脳陣が『モノが違う』と口を揃える逸材。ポジションに空きはない。代打は右の方が手薄です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

  3. 3

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  4. 4

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  5. 5

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  6. 6

    視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

  7. 7

    本命は高津、対抗が池山…ヤクルト次期監督“大穴”候補とは

  8. 8

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  9. 9

    ZOZOは4000億円で…メルカリやAmebaTVはいくらで買える?

  10. 10

    巨人坂本 悲願の打撃2冠狙うも「2つの敵」が立ちはだかる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る