小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

U18W杯日本5位惨敗の理由と佐々木が苦しんだマメ対処法

公開日: 更新日:

 韓国で行われたU18W杯で、日本は5位と寂しい結果に終わった。

 佐々木(大船渡)と奥川(星稜)の2本柱を擁し、初の世界一を目指したが、20人のメンバー選考が不可解だった。

 永田監督が「守備面」を敗因に挙げたように、8試合で9失策は多い。そのうち7失策した内野手は、7人中6人が遊撃を本職にする選手だ。前回より投手を1人増やして9人にしたのはいいが、日本代表としては厳しい投手が3、4人いた。本来の一、二塁手はゼロ。外野手が2年生の2人だけだったのも解せない。大会途中からこの2人も試合に出なくなり、投手と内野手が外野を守った。夏の甲子園で優勝した履正社の選手が、誰も選ばれなかった。甲子園決勝で奥川から3ランを放った4番・右翼手の井上のような実力者が選出されなかったのは疑問である。

 2本柱は、ともに1試合に投げただけに終わった。佐々木は6日の韓国戦で、大学日本代表との壮行試合でつくった右手中指のマメが再発。1回19球で降板せざるを得ず、結局これが最初で最後の登板になってしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  3. 3

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

  4. 4

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    「バイキング」の“誤報”で叩かれるべきはMC坂上忍なのか

  7. 7

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  10. 10

    真中満は打撃センスもさることながら要領の良さも天下一品

もっと見る