U18台湾代表の陳柏毓と李晨薰巡り 巨人がメジャーと争奪戦

公開日: 更新日:

 8日に閉幕したU18W杯(韓国・機張)。その予選ラウンド、メジャー30球団のスカウトが陣取るネット裏に、今年5月1日付で就任した巨人の春川正明編成本部次長兼国際部長(58)の姿があった。

 大森剛国際部課長とともに視察に訪れた春川部長は、テレビ情報番組のコメンテーターなどで活躍。語学堪能で、野球への造詣が深く、読売テレビの報道局解説委員長から、異例の転身といわれた。その春川部長の視線の先には、台湾チームの2年生右腕・陳柏毓(188センチ、90キロ)がいた。

 8月30日、日本代表がスペインとの開幕戦を戦うのと同時進行でパナマ戦に先発した陳は、6回1失点と好投した。最速151キロを誇る逸材で、メジャーも大きな関心を寄せている。U18では3試合に登板(先発2、抑え1)、2勝1Sの成績で世界一に貢献。大会後には「米国と日本のプロ野球に興味があります」と答えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  2. 2

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    大場久美子さん 家で「365日3食」利用できる子ども食堂を

  6. 6

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  7. 7

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  8. 8

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  9. 9

    巨人もベタ降り? 大船渡・佐々木に日本ハム単独指名の目

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る