U18台湾代表の陳柏毓と李晨薰巡り 巨人がメジャーと争奪戦

公開日: 更新日:

 8日に閉幕したU18W杯(韓国・機張)。その予選ラウンド、メジャー30球団のスカウトが陣取るネット裏に、今年5月1日付で就任した巨人の春川正明編成本部次長兼国際部長(58)の姿があった。

 大森剛国際部課長とともに視察に訪れた春川部長は、テレビ情報番組のコメンテーターなどで活躍。語学堪能で、野球への造詣が深く、読売テレビの報道局解説委員長から、異例の転身といわれた。その春川部長の視線の先には、台湾チームの2年生右腕・陳柏毓(188センチ、90キロ)がいた。

 8月30日、日本代表がスペインとの開幕戦を戦うのと同時進行でパナマ戦に先発した陳は、6回1失点と好投した。最速151キロを誇る逸材で、メジャーも大きな関心を寄せている。U18では3試合に登板(先発2、抑え1)、2勝1Sの成績で世界一に貢献。大会後には「米国と日本のプロ野球に興味があります」と答えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  3. 3

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  4. 4

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

もっと見る